【2021年6月に初公開!】Instagram って、どんな投稿が表示されやすいの?【メディアのプロが徹底解説】(前編)

更新日:2021年7月28日

CCI Social AdTrimの村野です。

今回はInstagramのアルゴリズム(投稿の表示システム)の最新トピックスをお届けします。

Instagramのアルゴリズムについては、表示回数が多くならないようにコントロールされているなど、たくさんの噂が飛び交っていました。Instagramを使ったマーケティングを行っている方なら誰もが一度は疑問に思ったことがあるのではないでしょうか。

ところが2021年6月、ついにInstagram公式から正式な見解が発表されました!


表示アルゴリズムに関するInstagram公式URL↓

https://about.instagram.com/blog/announcements/shedding-more-light-on-how-instagram-works


現在Instagram公式から発表されているのは英語版の記事のみ。そこでSocial AdTrimが和訳し、わかりやすくしたものをご紹介します!Instagramを活用している企業担当者の方は必見です!



Instagram って、どんな投稿が表示されやすいの?



目次


そもそもInstagramのアルゴリズムとは?
フィード投稿とストーリーズのアルゴリズム
フィード投稿における重要な要素
フィード投稿とストーリーズの投稿ポイント 



そもそもInstagramのアルゴリズムとは?

Instagramの投稿は、新着順には表示されず、独自のアルゴリズムに基づいてユーザー1人ひとりにカスタマイズされた順番で表示されます。アルゴリズムは複雑で単一のアルゴリズムではなく、機能や目的によりさまざまなアルゴリズムが組み合わさって表示順位を決定しています。また、フィードやリールなど投稿の種類によって表示アルゴリズムや要素の順位が異なることが示唆されています。


ここからは各投稿の種類ごとにアルゴリズムについて解説していきます!


「フィード投稿」と「ストーリーズ」の表示アルゴリズム

フィード投稿とストーリーズのアルゴリズム要素としては、以下4つが重要な順にあげられています。




①投稿情報
・投稿の人気度
・投稿日時
・動画の長さ
・場所 など

②投稿者(相手)情報
・過去数週間の投稿者の人気度
・対象の人物との過去数週間のやりとり回数

③閲覧者(あなた)のアクテビティ
・あなたが「いいね」をした投稿数
→これによって、どんな投稿に関心を持つ可能性があるのかが明らかになります。

④特定の人への閲覧者(あなた)のアクティビティ
・閲覧者(あなた)から特定の人への投稿へのコメントなど
→これにより投稿への関心度が明らかになります。



「フィード投稿」における重要な要素



1. 滞在時間
2. コメント
3. いいね
4. 保存
5. プロフィールアイコンのタップ



上記いずれかのアクションをする確率が高いほど、投稿が上位に表示されます。

時間の経過とともにと予測を追加・削除し、関心のあるものをより適切に表示できるようにしています。


しかし、表示バランスを保つために、考慮される要素がいくつかあります。


・同じタイムラインに同じ人の投稿は出すぎないように調整する

・フィードから再共有されたストーリーズも表示されすぎないように調整


つまり、短期間にいくつも投稿してしまうと表示されにくくなってしまうということになります。時間を空けて投稿する方がより高いエンゲージメントを獲得できるかもしれません。


また、コミュニティガイドラインに反すると、パーフェクトチェッカーが「誤報」として判断し、ラベル付けされた投稿は下部に表示されるようになります。


「フィード投稿」と「ストーリーズ」の投稿ポイント

以上のアルゴリズムを踏まえて、我々が考える投稿の際に意識するポイントはこちらです!




①投稿頻度は1~3日に1回が理想
気合を入れて1日に何回も投稿しようとすると、ユーザーに不快感を与える可能性があるだけでなく、タイムラインに何度も表示されるのを避けるため、上部(ストーリーズの場合は左部)に表示されなくなる可能性があります。
「ユーザーにしっかり届け、見てもらう」という意味では、多くても1日に1回が理想だと言えます。

②「カルーセル(複数枚投稿)」を使って滞在時間を伸ばす
フィード投稿においては投稿の「滞在時間」も重要だということで、「カルーセル」投稿で複数枚情報を盛り込むことが、近道かもしれません。
「テキストで情報をたくさん盛り込む」という方法も考えられますが、ユーザーはあまり長文を好みません。カルーセルで色んな写真を使い、ユーザーの滞在時間を伸ばしましょう。

③ユーザーにとって有益な情報の発信
ユーザーにとって役に立つ情報を発信することで、「滞在時間」や「いいね!」「コメント」、「保存」などのアクションをしてもらうことができます。
Instagramの投稿は写真映えやシンプルさを追い求めてしまいがちですが、「ユーザー目線」を持つことが一番目標に到達しやすいということを忘れないようにしましょう!


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


後編では発見タブのランク付け方法についてや、リール表示のアルゴリズムについてを解説していきます!




閲覧数:197回